プロフィール

永田 潤子(ながた じゅんこ)

大阪市立大学創造都市研究科 准教授

専門は、公共経営論(CSRを含む。)であり、個人・組織の関係や組織のマネジメントについて研究する他、ソーシャルマーケティングの視点から「名古屋お買物革命」(JST研究プロジェクト)など、社会問題の解決プロジェクトを実施している。
国や地方自治体の審議会・研究会の他、関西経済同友会の若手リーダー養成塾の講師や企業のCSR戦略アドバイザーなど幅広く活躍。また、橋下大阪府知事の特別顧問問、改革評価委員として改革にも携わった。

1961年 福岡県生まれ
1978年 女性に門戸を開放した海上保安大学校(広島県呉市)に、 初のただ一人の女子学生として入学 (海上保安大学校本科30期)
1982年 同大学校専攻科を修了後、巡視船勤務や霞ヶ関勤務
1987年 26歳で女性初・最年少で巡視艇「まつなみ」船長となる (巡視艇「まつなみ」は昭和天皇のお召し船でもありました)
1990年 現場で感じた問題意識を解決したいと思い、 埼玉大学大学院政策科学研究科(現:政策研究大学院大学)にて、 政策の分析や意思決定を研究(政策分析修士)
1995年 その後も、行政官や巡視船幹部としてのキャリアを積むも、自身を組織にとって有効に活かすためには、大学校での後輩の教育に当たることと感じ、大学校の要請に応じ教育研究の道へ。 大阪大学経済学研究科へ入学 経営学一般、行政の意思決定について研鑚 (1999年大阪大学経済学研究科後期博士課程単位取得満期退学)
1997年 海上保安大学校行政管理学講座助教授
2003年 大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授
2008年 9月から大阪府橋下知事のブレイン(特別顧問)として改革に携わっている。 また、企業のCSRにアドバイザーとしても企業の社会変革に関わる。
現在 専門は、公共の経営・意思決定だが、企業の社会的責任(CSR)についても公共的な視点から研究を行っている。 また、個人・組織の関係やリーダーシップについても、幹部職員として組織を指揮・運営した経験を活かした知見を提供している。 国や地方自治体の審議会・研究会の委員を務める他、地域の活性化や社会変革のための実践活動も実施している。
著書 『日本型NPM』 共著、ぎょうせい 2003年
『パブリックセクターの経済学・経営学』 共著、NTT出版 2003年
好きなこと・特技 何かを深く考えることも好きだが、ボーっとするのも好きで、“パジャマ・デー”と称し、 家から一歩も出ずに過ごすことも楽しんでいる。 コロッケが大好きで毎日でも食べられる。 立ち泳ぎが1時間できる。
その他 夫一人。山あいの温泉に出かけるのが共通の楽しみ。